Final Cut Pro X

【Final Cut Pro】ローリングシャッターの使い方

ローリングシャッターという機能はFinal Cut Proをずっと使用している人でも意外と見落としている機能ではないかと思います。

 

結構使える機能ですので、知っておくと良いですよ。

 

今回はFinal Cut Proを使用してローリングシャッターの使い方を解説していきます。

 

元々備え付けられている機能ですので、プラグイン等は不要です。

 

ローリングシャッターとは

ローリングシャッターとは:映像を素早く振った際にゴムみたいに被写体や映像が歪んでしまう現象のこと

画像はカメラのキタムラさんからお借りしております。

動画で解説してくださってますので、ローリングシャッターについての詳細気になる方は下記映像をご視聴ください。

ローリングシャッターの使い方

・ローリングシャッターの使い方

ローリングシャッターはクリップ一つ一つにかけていく必要があります。

ローリングシャッターを適応させるためには、クリップを選択し、右側のインスペクターを下にスクロールすると項目があります。

ローリングシャッターをチェックしましょう。

ローリングシャッターでは量のみ調整可能で、”なし〜最高”まであります。

ローリングシャッター量の強度を決めることが可能です。

なしは全くローリングシャッターが効かずに最高は一番ローリングシャッターが効くということです。

使い方はこれだけですので、映像を見ながら量で調整していきましょう。

歪み具合を見ながら調整することで歪みが調整されますよ。

 

iKouzacomさんが動画でローリングシャッターについて解説してくださってますので、動画で見たい方は下記動画をチェックして見てください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は超簡単にローリングシャッターの使い方を解説いたしました。

誰でも簡単に使用可能ですので、知らなかった人はぜひ使用することをおすすめします。

最後まで見ていただきありがとうございました。

その他のFinal Cut Pro の記事リンクも貼っておきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

・Final Cut Pro のその他の記事一覧

Final Cut Pro Xの使い方

スローモーション・スピードランプの編集方法

お勧めショートカットキー厳選まとめ

音楽・音声・効果音挿入、音量・音質調整方法

調整レイヤーのダウンロード・使用方法

カラーコレクション・カラーグレーディング方法

カラーコレクションの応用編〜実際の編集方法〜

ティールオレンジのカラーグレーディング方法

一眼レフで撮った映像をフィルム風にカラグレする方法

【FinalCutProX】カラーマスクの使い方を徹底解説【動画編集】

おすすめfree LUTダウンロード方法から適応方法

マスクトランジションの方法

タイトル挿入〜シネマティックタイトル作成方法

おすすめフリーフォントのダウンロード方法から使い方

容量不足を解消する方法

ワイプ表示の動画編集方法

ブレンドモードの使用方法とクロマキー合成のやり方

オーバーレイのフリー素材ダウンロード〜編集方法

モザイクのかけ方

無料で使用可能なおすすめエフェクトのダウンロード〜使用方法

無料で使用可能なおすすめトランジションの使い方

Final Cut Pro 10.6 新機能 オブジェクトトラッカーの使い方

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”