学ぶ・稼ぐ編

未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法【2022年最新】

現在、動画を趣味として行なっている方で転職を考えている方は多いのではないでしょうか。

 

近年動画制作を始められる方がかなり増えてきました。今後も更に動画の需要は増えてくるでしょう。しかし、動画制作者もそれに伴い増えてきますので、供給も多くなります。

 

動画制作を仕事として始めるにはなるべく早い方がいいでしょう。

 

動画制作会社に転職したいという方に向けて今回は未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法を解説していきます。

 

フリーターや学生の方やこれから動画制作会社に入社したいという方にとってもかなり有益な内容となっておりますので、参考になるかと思います。

 

未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法

未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法として今回4つのポイントから解説をしていきます。

今回の内容だけが全てではありませんので、あくまでも参考程度に見ていただけたらと思います。

・未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法
趣味として自主制作活動を行う
副業として実績を作る
繋がりを介して
転職エージェントを利用する

趣味として自主制作活動を行う

まず始めに前提として動画制作会社に転職したいという方は、やはり“動画制作が好き”という方が多いのではないでしょうか。

ですので、今回挙げた趣味として自主制作活動を行うという方は結構行なっている方も多いかと思います。

この点は当たり前ではありますが、動画制作会社の面接を受けるときに自主制作活動を行なっていると、本当に動画制作が好きで自主制作活動を積極的に行なっていた事をしっかりと伝えることができる事ができるので、かなり大事なポイントとなります。

自主制作で行った動画作品はポートフォリオにもなりますので、「こんな動画を作っていました」また、他の動画制作にも興味がある場合には経験してみたいという熱意を伝える事で動画制作会社は熱意を感じるので転職に有利になります。

社会人として働いている方は時間があまりないかもしれませんが、行動せずにおられる方は、まずは自主制作を行なっていくことをお勧めします

ここが第一に重要なポイントです。これから、他の項目に繋がっていきますので、自主制作を行なっていきましょう。

副業として実績を作る

次に、現在お勤めの会社が副業OKの場合は副業として”実績を作る”という事も大事なポイントです。

この副業でも行なっていたという点はかなり強みになります。

動画制作会社の中でもどんな動画に特化しているのか分野が分かれます。

まず始めに自分がどんな動画制作がしたいのかをしっかりと考えましょう。

様々な経験をしないとどれがしたいか本当の意味では見つからないかもしれませんが、まず、何を作っている時が一番楽しいですか?

友人・恋人との思い出の動画、ウェディングムービーに携わった際、MVやCM撮影、企業のプロモーションビデオ等々、様々な動画の中で何がしたいかによってこれからの副業の種類も変わってきます。

なかなか難しいとは思いますが、可能であればできる限りやってみたい動画制作を中心に制作してポートフォリオを作っていくことをおすすめします。

ただし、最初の頃はMVやCM撮影等の少し難易度が高く、知り合いのツテ等がなければ案件の獲得が難しいものは、まずは可能な範囲の案件から獲得し実績を作っていってから、できる範囲を増やしていく方がいいです。

また、一番最初は無料で動画制作をさせていただき、実績としてポートフォリオでの掲載許可をいただき、可能であれば、クライアントさんに紹介していただけたら実績作りには最高です。

最初からお金をもらって行おうとはあまり思わない方がいいでしょう。なぜなら、クライアントさんの時間を割いて動画制作を行わせてもらうのに、何も実績がない状態でお金を払ってまで依頼しようとは思わないからです。

少し、話が逸れていきましたが、まずは自主制作活動で動画制作を行いポートフォリオを作っていき、その後、徐々に活動範囲を広げて案件につなげていってもらえたらと思います。

副業での実績は自主制作活動より更に重宝される内容ですので、転職活動にかなり有利になります。

仕事として受けていた実績はそれほど価値のあるものです。

繋がりを介して

副業として案件が中々獲得できない場合、友人や同僚等の人との繋がりを介して案件や動画制作の依頼をもらうという方法はかなり現実的かと思います。

筆者も最初の頃は友人や友人の友人等の繋がりから案件を獲得していきました。

動画制作活動において”人との繋がりは一番大事にしなくてはいけない部分”です。

繋がりを介して動画の案件を貰うためには、自分から積極的に声をかけていくという自主性がかなり大事になってきます。

自分から声をかけるのが苦手な人も多いとは思いますが、これから動画制作で活動し、動画制作会社に入社したいと考える際には、それなりに行動力は要りますし、少しでもいいので、自分が動画を作れるというのを声掛けするだけでも依頼がくることは多いので頑張りましょう。

動画制作ができる人は増えてきていると言いましたが、やはり、身近で作れる人というのはかなり限られてきますので、身近に頼める人として依頼がきやすいと思います。

声掛けは大事ですので、しっかりと声をかけて広めていきましょう。

転職エージェントを利用する

ここまでの活動を行い、実際に動画制作会社の採用試験を受けるのもいいでしょう。しかし、動画制作会社の求人を見つけるのは結構難しかったり、全く違う分野で働いてきた方にとってはどこが良いのか、どんな条件が揃っているのか自分で見つけるのは難しい面もあります。

もし、動画制作を行なっていく中で動画制作会社やその関係する方と繋がりができて、動画制作会社を受けることが出来るとしたら、それが一番良いでしょう。

しかし、現実そんな簡単にいくことは無いとは言えないですが、少ないです。

その為、今回は動画制作会社に転職する際におすすめの転職エージェントの紹介をしていきます。

登録・相談等全て無料で可能で転職活動が可能ですので、まずは、一度無料相談だけでも行なっていくことをおすすめします。

 

・転職エージェント CAREER START

入社後の定着率92%はかなり相談してみる価値が高い事がわかります。転職してから辞める方が少ないという事ですので、それだけの待遇や条件での入社が可能となったという事ですので、転職活動者にとっては嬉しい数字ですね。

また、転職支援の実績も3000人以上あり、最短で1週間の内定となったケースも多くあります。

すぐに転職したいという方にとっても、受けたい企業にもよるとは思いますが、その点に関してもサポートして下さいますので、嬉しいですね。

しかも、相談は無料で可能ですし、電話やzoomに対応しているので、わざわざ足を運んでいく必要はなくスマホで電話するだけで相談できるのでめちゃめちゃ嬉しいですよね。

転職活動がバレるとその後、現在の職場で働きにくいですし、もしバレた後でやっぱり転職は辞めようと思っても中々その職場では働きづらくなるので、実際に足を運んでいくより、まずはオンラインで相談だけでもしてみるというのは、一番良い方法かと思います。

その後、本当に入りたいと思える企業がありましたら、詳しく情報を聞いて転職活動を行なっていけば良いです。

まずは、相談をしてみて、自分が入りたい企業はどんな企業で、待遇面での希望等を相談してみることから始めるのをおすすめします。

相談から転職までの支援まで全て無料です!

もし興味が少しでもありましたらこちらのリンクをチェック↓

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は動画制作会社に転職したいという方に向けて今回は未経験から動画制作会社に正社員として転職するおすすめの方法を解説していきました。

 

動画制作会社に転職する際に今回紹介した内容以外で入社することとなったケースやなるケースは全然あると思います。

 

今回紹介した内容は、これが全ての方法ではなく、あくまでも参考程度に考えていただけたらと思います。

 

自主制作活動を行うことは転職エージェントを介すにせよ、介さないにせよ、どちらでも実績作りは必要なことですので、転職するまでにしっかりと経験として行い、実績を作っていきましょう。

転職するのはそれからが一番可能性が高くなります。

 

もし、もう今すぐにでも転職をしたいという方は未経験でも出している求人もあるとは思います。

 

そんな方には、転職エージェントを使用するのが一番の近道ですので、早く転職したいという方は無料相談をまず行うことをおすすめします。

興味が少しでもあればこちらのリンクをチェック↓

では、最後まで見ていただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

 

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”