Final Cut Pro X

【Final Cut Pro】 編集で違和感のない手ブレを追加する方法

ジンバル撮影をして滑らかな映像を撮ることは映像の質を上げる上で重要なことですが、適度な手ブレを入れる事で更に映像の質を上げることが可能となります。

 

ジンバル撮影+編集での手ブレを追加することで違和感のないクオリティの高い映像を作成できますので、今回の記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

今回はFinal Cut Proを使用しての手ブレを追加する方法を解説しております。また、元々 Final Cut Proに入っているエフェクトを使用しますので、追加プラグインとかも不要です。

 

Final Cut Pro 編集で違和感のない手ブレを追加する方法

手ブレを追加する方法
・エフェクト:ハンドヘルド

まずはFinal Cut Proを開きましょう。

エフェクトからハンドヘルドを動画に入れていきましょう。

ハンドヘルド
Shakiness:手ブレの強度設定
Distance:映像の大きさ調整

Shakiness:手ブレの強度設定
右に調整すると手ブレが強くなります。反対に左に調整すると手ブレが弱くなります。

Distance:映像の大きさ調整
右に調整すると映像がズームされ、左に調整すると映像が小さくなります。

ハンドヘルドでは手ブレを意図的につけることが可能ですので、意図した手ブレをつけたい際はぜひ使用してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は簡単にFinal Cut Proを使用して編集で違和感のない手ブレを追加する方法を解説していきました。

違和感のない手ブレを追加するのも映像のクオリティを上げる上で重要なところでもありますので、ぜひ参考に使っていってみて下さいね。

ただ、無理に入れて違和感が出るくらいだったら入れない方がいいですよ。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

その他のFinal Cut Pro の記事リンクも貼っておきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

・Final Cut Pro のその他の記事一覧

Final Cut Pro Xの使い方

スローモーション・スピードランプの編集方法

お勧めショートカットキー厳選まとめ

音楽・音声・効果音挿入、音量・音質調整方法

調整レイヤーのダウンロード・使用方法

カラーコレクション・カラーグレーディング方法

カラーコレクションの応用編〜実際の編集方法〜

ティールオレンジのカラーグレーディング方法

一眼レフで撮った映像をフィルム風にカラグレする方法

【FinalCutProX】カラーマスクの使い方を徹底解説【動画編集】

おすすめfree LUTダウンロード方法から適応方法

マスクトランジションの方法

タイトル挿入〜シネマティックタイトル作成方法

おすすめフリーフォントのダウンロード方法から使い方

容量不足を解消する方法

ワイプ表示の動画編集方法

ブレンドモードの使用方法とクロマキー合成のやり方

オーバーレイのフリー素材ダウンロード〜編集方法

モザイクのかけ方

無料で使用可能なおすすめエフェクトのダウンロード〜使用方法

無料で使用可能なおすすめトランジションの使い方

Final Cut Pro 10.6 新機能 オブジェクトトラッカーの使い方

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”