撮影機材

SONYカメラにおすすめのモニターフード〜直射日光対策〜

基本的に動画撮影時はモニターを見て撮影します。

 

光がそこまで強くない際にはモニターを見て撮影が可能ですが、光の強い日中の撮影時はモニターが見えずらいです。

 

モニターを見て撮影できないと、実際に今どう映っているかがわからないので、後で見返した時に使えない映像となってしまうことがあります。

 

そんな中で低価格でモニターの直射日光対策としておすすめするのがモニターフード(サンシェード)です。

 

今回は、SONYのカメラにおすすめのモニターフードを紹介しております。

 

少しでも購入時の参考になれば幸いです。

 

モニターフードとは

モニターフードとは:環境光がモニターに当たった際の反射をしないようにするフード

 

日中の光が強い場面では、モニターが全く見えないことが多いです。

基本的に動画撮影時はモニターを見て撮影をしておりますので、モニターが見えないと、撮った後で確認して、失敗した、ということになりやすいです。

正確に良い映像を撮ろうと思ったら、モニターがしっかり見えていることが大事です。

基本的に多くの撮影は日中の明るい撮影が多いと思います。

そんな際にモニターフードがあれば、光の反射を防ぐことができますので、動画撮影時には必須のアイテムと言っても過言ではないでしょう。

今回おすすめするモニターフードはコスパ抜群なものを揃えておりますので、ぜひ気になるものがあれば使用して見てもらえたらと思います。

SONYのカメラにおすすめのモニターフード

モニターフードを購入する際に注意するべきポイントがあります。

それは、モニターのサイズに合わせたモニターフードを購入する”ということです。

カメラによって合うモニターフードのサイズは異なりますので、その点は注意して購入して下さい。

今回はSONYのカメラに合うモニターフードを紹介していきます。

 

SmallRigのモニターフードがコスパ抜群でおすすめです。

SONY A7 / A7II / A7III / A9 シリーズ モニターフード

1500円程度で購入可能です。対応カメラを確認し購入してください。

SONY A6000/A6100/A6300/A6400/A6500/A6600 モニターフード

2000円程度で購入可能です。対応カメラを確認し購入してください。

 

SONYα7Ⅳ・ FX3・α7C・α7S III・ZV-1 モニターフード

SONYα7Ⅳを購入される方はこちらのモニターフードを使用しましょう。

値段は2000円程度で購入可能です。対応カメラを確認し購入してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はSONYのカメラにおすすめのモニターフードを紹介していきました。

 

モニターを別で購入するのはお金がかなりかかりますので、あまりお金がかけれないけど、日中の撮影でモニターが見えるようにしたい、という方はモニターフードの購入をおすすめします。

 

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”