撮影機材

ホワイトバランスを合わせるのにおすすめのグレーカードを紹介

自分で適正にホワイトバランスを取るのってかなり難しいです。

 

特に初心者の頃はどこが適正なのかわからないことが多いです。

 

そんな時に誰でもホワイトバランスを適正に合わせれるものがあります。それが”グレーカード”です。

 

今回はグレーカードのおすすめ商品を紹介しております。おすすめの商品をピックアップしております。

 

グレーカードとは・グレーカードを使用する目的

グレーカードとは

グレーカードとは:RBG等のカラーが入っていない無色のグレーのカード。ホワイトバランス・色温度を適正に合わせる目的で使用します。

 

カメラの露出計は反射率18%を基準にしております。

反射率18%を上回ると白飛びしてしまい、下回ると黒潰れします。

カメラは基本的にこの明るさのグレーを基準としており、グレーカードはこの基準と同様の数値で設定されたカードです。

 

普通の紙では反射率18%で保つことはできないので、少し露出が上がってしまうと白飛びしたりするため適正な露出・ホワイトバランスをとることができないです。

その為、グレーカードを使用することをおすすめします。

 

グレーカードを使用する目的

・グレーカードを使用する目的
真っ白の紙でも代用は可能ですが、普通の紙だと露出が少しでも上がると白飛びして使えなくなります。

そのような場面でグレーカードを使用すると反射率の面から白飛びせずに適正に露出・ホワイトバランス調整が可能となります。

白飛びせずにホワイトバランスを合わせることができる為、グレーカードの使用をおすすめします。

 

おすすめグレーカード3選

グレーカードのおすすめを3選紹介していきます。

・グレーカードおすすめ
JJC 3-in-1 カラーチェッカー カメラ グレーカード
グレーカードホワイトバランスカード(Anwenk)
銀一 シルクグレーカードVer.2 060012

JJC 3-in-1 カラーチェッカー カメラ グレーカード

値段は1000円程度で購入可能で、コスパ抜群です。

使用に関してなんの問題もありませんので、迷っている方はおすすめの商品です。

 

 

グレーカードホワイトバランスカード(Anwenk)

マットな質感で防水使用です。コンパクトで持ち運びにも便利ですので、かなりおすすめです。

Amazonでの評価も非常に高く品質も保証されている安全な商品です。

筆者も使用しておりますが、めちゃめちゃ使いやすくおすすめできる商品です。


 

銀一 シルクグレーカードVer.2 060012

A4サイズのカードでサイズはハサミでカットし名刺やファイル等に入れて使用すると良いです。

値段は2000円程度で安く、品質に関しては十分高いです。

 

 

この3つはコスパ・性能面ともに優れておりますので、かなりおすすめのグレーカードです。

ぜひどれか一つでも使用してもらえたら間違い無いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はホワイトバランスを適正に合わせるためのグレーカードおすすめを紹介いたしました。

グレーカード一つ持っておくことで、ホワイトバランスが適正に取ることができて、後々の編集でカラコレをする際にかなり編集の手間が省けます。

また、ホワイトバランスがあまりに適正にあっていないと編集でも調整困難となる場合がありますので、グレーカードを使用して適正にホワイトバランスを合わせることをおすすめします。

最後まで見ていただきありがとうございました。

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”