ドローン

【2022年最新】ドローンの機体登録方法を画像を交えて分かりやすく解説

2020年6月に公布された改正航空法により無人航空機の機体登録制度が2022年6月20日より開始される事となりました。

 

つまりドローンを飛ばす2022年6月20日よりドローンを飛ばすには機体を登録しなければならなくなったという事です。

 

業務等でのドローンの活用が本格的になってきた事や事故が多くなってきたことによってドローンの法律が厳しくなってきましたね。

 

ドローンの機体登録の方法自体はそこまで難しいものではないので、登録はしておきましょうね。

 

今回は無駄な情報は省いてわかりやすく簡潔にドローンの機体登録方法を解説していきます。

 

少しでも参考になれば幸いです。

DIPS 個人アカウントの開設

まずはリンクをクリックし個人アカウントを開設していきましょう。

リンクはこちら↓

ドローン登録システム

リンクから飛ぶと下記画面が表示されます。今すぐ登録をクリックしましょう。

次にドローン登録システムから個人の方のアカウント開設をクリックします。

利用規約を最後まで読んでいきます。最後までスクロールしないと次に進めません。

次に赤枠内の航空法における無人航空機の飛行ルールについてをクリックします。

利用規約・航空機の飛行ルールのところにチェックし次へ進むをクリックします。

アカウント開設の為に下記項目を入力し確認をクリックします。

アカウント情報確認で間違いがなければ開設するをクリックしましょう。

これでアカウントが開設できました。トップ画面に戻りましょう。

同時にメールが届きます。ログインIDを後ほど使用しますので、コピーしておきましょう。

DIPS ドローン登録方法

アカウント開設が完了したら、ドローンを登録していきます。

ログインをクリック。

アカウントは先ほど開設しましたので、ログインIDとパスワードを入力しログインしていきましょう。

ログインID:メールに届いたログインID
パスワード:アカウント開設時のパスワード

新規登録をクリック。

・登録方法は3種類
マイナンバーカード
運転免許証
本人確認書類郵送

今回は運転免許証で行なっていきます。

運転免許証のとこにチェックを入れて次へ進むをクリックします。

そうするとQRコードが表示されますので、スマホで読み取りましょう。

ここからはスマホの画面になります。

手順通りに行なっていけばOKです。

これでスマホでの操作は終了です。パソコンの画面に戻りましょう。

所有者情報に間違いがなければ機体情報の入力をクリックします。

機体情報入力ではメーカーの機体を使用している方がほとんどだと思いますので、こちらをクリックします。

もし自作の場合は自作した機体を選択します。

製造者名や型式名の欄をクリックすると選択できますので、お使いの機体を入力しましょう。

機体の種類は自動で入力されます。

製造番号に関しては、ドローンに記載されている番号です。筆者が使用しているドローンはMavic Air 2でMavic Air 2の製造番号の記載場所は、電池を外したところに記載されております。

製造番号:1Wから始まる番号

全て情報を入力したら使用者情報の入力に進みましょう。

所有者と使用者は同一人物ですか?の問いにははいと記載し情報に誤りがなければ登録申請を行いましょう。

OKをクリックするとメールが届きますので、メールを開きましょう。

赤枠内のリンクをクリックします。

これで認証完了です。ブラウザを閉じて先ほどのページに戻りましょう。

これで新規登録の手続きが完了です。

数日まつと手数料納付に関するメールが届きますので、少し待ちましょう。

ドローン機体登録時の手数料支払い方法

機体登録申請後、数日〜数週間待つと手数料の支払いメールが届きますので、手数料を払っていきましょう。

手数料払った後に、申請内容に問題がなければ機体登録が完了となります。

手数料払ってくださいというメールが届いたら、メールを開いて、下にスクロールします。

ログインURLをクリックしましょう。

 

ログインして申請状況確認/取下げ/支払いの項目をクリックしましょう。

次に支払選択をクリック。

お好きな支払方法で手順通りに支払を行なって、後はまた少し手続きが完了するのを待ちましょう。

支払いが終わってすぐは申請状況をみると審査・手続き中になってますが、手続きが完了したら、完了になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はドローンの機体登録方法を解説していきました。

 

ドローンを持っている方は2022年6月以降登録必須となりますので、忘れずに登録しておきましょうね。

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

ドローンの選び方やおすすめドローンを解説した記事もありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

動画クリエイターが選ぶドローンの選び方とおすすめドローンを紹介

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”