SONYα7Ⅳ

SONYα7Ⅳにおすすめの動画撮影用SDカードを紹介

SONYα7Ⅳを購入する前もしくは購入後に絶対必要な機材としてSDカードがあります。

 

SDカードが必要ということは誰でも容易に想像がつくかと思いますが、SDカードを購入する際にどんなSDカードを購入した方がいいかわからないという方は多いかと思います。

 

SONYα7Ⅳに最適なSDカードの選び方やおすすめSDカードを知りたいという方向けに今回記載しておりますので、ぜひ購入時の参考にしてみてもらえたらと失敗はないですよ。

 

動画撮影向けのSDカードの選び方

動画撮影向けのSDカードを選ぶ際にここだけは抑えておいた方が良いポイントがあります。

動画撮影向けのSDカード選びで抑えるポイント
・容量
・スピードクラス
・UHSスピードクラス
・ビデオスピードクラス

それぞれ解説をしていきます。

容量

容量:撮影した動画を入れられる量。

動画記録の場合容量は静止画より多くなってしまいます。フルHDや4K等の記録方式によって最低GB数を決めると良いです。

もちろんフルHDより4Kの方が容量は重くなってしましますので、その分容量が必要となります。

・容量の最低参考数値として
フルHD:最低32GB以上
4K:最低64GB以上

・容量の理想参考数値として
フルHD:最低64GB以上
4K:最低128GB以上

あくまでも最低数値ですので参考までに。

スピードクラス

スピードクラス:撮影記録した映像をSDカードに転送する速度クラス

スピードクラスの分類

・class4:データ転送速度最低4MB/sec

・class6:データ転送速度最低6MB/sec

・class8:データ転送速度最低8MB/sec

・class10:データ転送速度最低10MB/sec

スピードクラス10とは:「1秒間に最低10MBの読み書きが可能」という事

スピードクラスが低い場合、データ紛失や途切れ再生動画などになってしまうので、スピードクラスはしっかり確認しておきましょう。

基本的にフルHDでも4Kでもスピードクラス10以上を選ぶ事でスムーズに記録可能となるので、おすすめします。

UHSスピードクラス

UHSスピードクラス:普通のスピードクラスより更に高速転送可能な速度クラス

UHSとは、Ultra High Speed classの略

UHSスピードクラスの分類

・UHS スピードクラス1:データ転送速度最低10MB/sec

・UHS スピードクラス3:データ転送速度最低30MB/sec

UHS スピードクラス3とは:「1秒間に最低30MBの読み書きが可能」という事

・動画撮影記録時の参考クラス
フルHDを記録:「CLASS 10」「UHSスピードクラス1」以上
4K動画を記録:「CLASS 10」「UHSスピードクラス3」以上

ビデオスピードクラス

ビデオスピードクラス:高解像度の動画撮影に使用可能なカードクラス

ビデオスピードクラスの分類

・V30:データ転送速度最低30MB/sec

・V60:データ転送速度最低60MB/sec

・V90:データ転送速度最低90MB/sec

動画記録ではこのビデオスピードクラスはかなり重要となります。

フルHDでは最低V30以上で理想は60以上、4Kでは最低V60以上で理想はV90以上です。

ビデオスピードクラスが1段階上がるごとに金額もかなり上がりますので、予算と合わせながら購入を検討して下さい。

・ビデオスピードクラス参考
フルHD:最低V30以上
4K:最低V60以上

動画撮影向けのSDカードを選ぶ際にここだけは抑えておいた方が良いポイントの解説が終了となります。

とりあえずここを抑えておけば大丈夫ですので、しっかりこの内容を見ながら購入検討してもらえたらと思います。

 

これまでのまとめ

・容量
フルHD:最低32GB以上
4K:最低64GB以上

・動画撮影記録時の参考クラス
フルHD:「CLASS 10」「UHSスピードクラス1」以上
4K動画:「CLASS 10」「UHSスピードクラス3」以上

・ビデオスピードクラス
フルHD:最低V30以上
4K:最低V60以上

 

次に本題のSONYα7Ⅳに最適な動画撮影向けおすすめSDカードを紹介していきます。

SONYα7Ⅳ 動画撮影向けおすすめSDカード

基本的にSONYα7Ⅳを購入される方は動画記録4Kで撮ろうとされている方がほとんどかと思いますので、4K記録が可能なSDカードを紹介していきます。

・4Kの必要参考スペック
容量:最低64GB以上
参考クラス:「CLASS 10」「UHSスピードクラス3」以上
ビデオスピードクラス:最低V60以上

上記スペックを参考にSONYα7Ⅳに最適なSDカードおすすめを紹介していきます。

・上記スペックを持ったSONYα7Ⅲに最適な上級者向けSDカードのおすすめ
ProGrade Digital V60 128GB
ProGrade Digital V90 128GB
キングストン V90 128GB
SanDisk V90 128GB

 

ProGrade Digital V60 128GB

容量 128GB
スピードクラス CLASS 10
UHSスピードクラス UHSスピードクラス3
ビデオスピードクラス V60
価格 7000円程度

 

ProGradeのSDカードは業者が使用するぐらい安心な機能を持っております。

ProGradeを使っていてデータ紛失等は筆者は聞いたことがありませんので、かなりその点に関しては安心して大丈夫です。

こちらのSDカードはビデオスピードクラスV60ですので、4K記録も可能となっております。

値段は少し高いですが業務用としても使用可能なProGradeのSDカードはかなりおすすめします。

 

ProGrade Digital V90 128GB

容量 128GB
スピードクラス CLASS 10
UHSスピードクラス UHSスピードクラス3
ビデオスピードクラス V90
価格 17000〜20000円程度

 

ビデオスピードクラスが60から90になると値段が10000円以上変わってきます。

それだけビデオスピードクラスが1段階上がるとSDカードの性能が変わるということです。

V90ぐらいのスペックがあれば4K動画もかなり速い速度で転送可能です。

SDカードはかなり大事ですので、4K動画を撮る際はV90のSDカードの方ができれば良いですね。

容量的には4Kで128GBですと1日の撮影は容量不足となりますので、2枚での記録や、容量をグレードアップして256GBにするといいでしょう。

キングストン V90 128GB

容量 128GB
スピードクラス CLASS 10
UHSスピードクラス UHSスピードクラス3
ビデオスピードクラス V90
価格 12000〜15000円程度

 

同スペックのProGrade Digital V90 128GBと比較すると若干値段が安いです。

スペック面ではかなり高く4K動画記録も可能ですので、かなりおすすめです。

SanDisk V90 128GB

容量 128GB
スピードクラス CLASS 10
UHSスピードクラス UHSスピードクラス3
ビデオスピードクラス V90
価格 25000円程度

 

SanDiskのこのクラスのSDカードは少し高めに設定されておりますが、性能や安心は保証されております。

もちろん4K動画も記録できますし、データ紛失をしない安心感もかなり高いです。

 

SONYα7ⅣはCFexpress Type Aメモリーカードがベスト

CFexpress Type Aメモリーカードとは:連続撮影や高ビットレート動画等、大容量データの書き込みにも適した高速の記録カードの事

 

SDカードに比べて圧倒的に高速の記録カードです。

 

性能面では全てSDカードを上回りますが、値段がめちゃめちゃ高いですし、CFexpress Type Aメモリーカードからパソコン等に送る際はそれ専用のカードリーダーが必要となりますので、さらにお金がかかります。

 

しかし、CFexpress Type Aメモリーカードでなければ記録できない設定もありますので、今回はSONYα7ⅣでのCFexpress Type Aメモリーカードでなければ使用できない点を記載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

SONYα7ⅣでのCFexpress Type Aメモリーカードでなければ使用できない点
・動画時
4K 記録 スロー&クイックモード … XAVC S-I記録 フレームレート60fps
・静止画時
JPEG、圧縮RAW、非圧縮RAW形式で1,000枚以上の高速連写
非圧縮RAW+JPEG形式で最大約828枚の高速連写

上記使用時はCFexpress Type Aメモリーカードでなければ記録できません。

 

その為、上記設定時はCFexpress Type Aメモリーカードが必要となります。

 

おすすめのCFexpress Type Aメモリーカードはこちらより↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はSONYα7Ⅳの動画撮影用SDカードのおすすめを紹介していきました。

 

SDカード選びって難しいので、おすすめのポイントを簡単にまとめておりますので、ぜひ購入時の参考になれば幸いです。

 

また、何かわからない点や質問等ありましたらお問合せください。

 

・SONYα7Ⅳに関する記事

【SONYα7Ⅳ】最初の一本におすすめの神レンズを紹介【初心者向け】

SONYα7Ⅳにおすすめの関連アクセサリー【便利グッズ】

【SONYα7Ⅳ】S-Cinetone(PP11)の設定・使い方・編集方法

 

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”