レビュー

【レビュー】神マイク RODE VideoMic Pro+を使ってみた感想

動画クリエイターが使用しているマイクといえばやはり一番思い浮かべるのは、RODE VideoMic Pro+かと思います。

カメラの内部マイクでも性能が高いものもありますが、やはり外部マイクには敵いません。

 

その場でも音を良い音で記録したい場合は外部マイクの購入を検討することをお勧めします。

 

RODE VideoMic Pro+はレビューとか見たりしてもかなり評判が高いマイクでしたので、実際に購入して使ってみました。使ってみてめちゃめちゃ良かったのでレビューしていこうと思います。

今回は RODE VideoMic Pro+を使ってみた感想を正直に記載していきます。

 

購入時の参考になれば幸いです。

 

RODE VideoMic Pro+ 製品情報・スペック

製品名 RODE VideoMic Pro+
コネクタタイプ 3.5mm端子, USB端子
接続方式 AUX, USB
価格 36000-40000円程度
指向性 単一指向性
電池種類 LB-1 バッテリー(RODE 製)/ 単三電池2本/MicroUSB 供給
サイズ 170mm x 111mm x 66mm
重量 122g
周波数範囲 20 hz – 20 khz
ハイパスフィルター 2 段階のハイパスフィルター
ダイナミックレンジ 118.77 dB
ステレオ デュアルモノ

 

RODE VideoMic Pro+ 外観や各ボタンの機能

・外観

スポンジあり

スポンジなし

・各ボタンの機能

①電源ボタン
②セーフティチャンネル
③ハイパスフィルターボタン
④出力ゲインコントロールボタン
⑤高周波数域ブーストLED
⑥LED明るさセンサー
⑦バッテリー収納ラッチ
⑧3.5mmネジ付きTRS出力ソケット
⑨Micro USB充電ソケット
⑩カメラシューマウント3/8ネジ付き

RODE VideoMic Pro+ 内容物一覧

①マイク本体
②3.5mm TRSケーブル
③MicroUSBケーブル
④LB-1 バッテリー
⑤説明書

マイクを使用するにあたって全て必要なものは揃っています。後、別で購入するのをおすすめしたいのが、ウィンドジャマーです。

ウィンドジャマーは風切り音等のノイズをカットしてくれるカバーです。もし、外で使用する機会が多い場合は併せて購入しておくのをおすすめします。

RODE VideoMic Pro+純正のウィンドジャマーが出ております↓

RODE VideoMic Pro+ 使ってみた感想【レビュー】

おすすめポイント
・2段階のハイパスフィルター機能
・3段階のゲインコントロール機能
・高周波数ブースト機能
・自動電源機能
・バッテリー持ちの良さ

 

シネマティック動画やVlog撮影時に特におすすめなショットガンマイクです。もちろん、音声収録等でも良い音で録音する事が可能です。

それでは各項目を簡単に説明していきます。

 

・2段階のハイパスフィルター機能

75Hz/150Hzの2段階のフィルターが付いているので、低周波のノイズを軽減してくれます。

低周波ノイズ:一般的によく入ってくる低周波ノイズとしてはテレビやラジオ、エアコンまたは風切り音等の環境ノイズの音です。

こういった低周波ノイズが入ってくると何か違和感が生じてしまうので、それをマイクで録音する際にカットしてしまおうという機能です。

2段階で調整ができるので、あまりに大きなノイズでない限りは基本的にノイズをカットする事ができます。

電子ノイズに関してはほとんどカットする事は可能ですが、風切り音に関してはあまり風が強い際はどうしてもノイズが入ります。

そういった際にはウィンドジャマーを取り付けて風切りノイズをカットしていきましょう。

 

ノイズが強く入る際には150Hzに引き上げて使用していきます。

 

・3段階のゲインコントロール機能

ゲインコントロールは、音声品質を向上させる為に使用します。

-10dB/0dB/+20dB の3段階のゲインコントロールがついているので、音声の質を上げることができます。

dB(ゲイン)とは:外部からの音をどの程度の音量・音圧で入力するかの数値のこと

dBを調整する事で得られる効果:音割れやノイズを防ぐことができます。

 

・高周波数ブースト機能

高周波数域ブーストとは:低い音をカットするのではなく高い音を拾いやすくする機能

高周波数域ブーストの使用場面としては、純粋に高い音の明瞭度を上げたい際や低音ノイズが少ない場面で高い音を録音する際に使用していきます。

高周波数の音が綺麗に取れるとクリアな音に聞こえます。

高周波数域ブーストで音声の細部と明瞭さを強調していきましょう。

 

・自動電源機能

自動電源機能(プラグインパワーの供給と連動)がついているので、カメラの録画開始と同時にマイクがONになり録音開始してくれます。

マイクをONにするのを忘れたって思った際にも自動でマイクもONになるので、かなり嬉しい機能ですよね。

 

・バッテリー持ちの良さ

付属のバッテリーは満充電で最長100時間持つので、撮影時に電池切れになるということはないでしょう。

純正のバッテリーも付いてきますし、単三電池2本でも代用できるのは嬉しいポイントです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はRODE VideoMic Pro+を使ってみた感想を記載していきました。

 

実際に使用してみて、本当に音が綺麗に録れるようになりました。皆さんからの評価が高いのも頷けます。

 

機能・性能面に関して最高のマイクです。値段は少し高めに設定されておりますが、それだけの機能や性能を兼ね備えているので購入して損は絶対にないでしょう。

 

ショットガンマイクの購入を検討されている方はこのマイクかなりおすすめなので、検討してみてくださいね。

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”