サイトまとめ

動画制作時に使用可能なおすすめ著作権フリー画像・動画サイト【フリー素材】

動画制作をする上で編集時に素材が欲しい事や著作権フリーの動画を使用してオープニング映像を使用したいという事はあると思います。

動画フリー素材を使用する場面はかなり多いので、知っておいて損はありません。

 

今回の記事では高品質な無料で著作権フリーのサイトをピックアップし紹介しております

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

無料フリー画像・動画サイトで確認するべき6つのポイント

ここは確認しておいた方がいいというポイントを紹介いたします。

著作権フリー
商用利用可能
無料
クレジット表記不要
ダウンロード制限なし
日本語対応あり

この6つのポイントを抑えておいたら安心です。このポイントが抑えられているサイトは基本的に安心して利用して大丈夫です。

また、他には解像度が自由に変更可能な事関連検索機能が豊富か等も重要になってきます。

あとは好みで好きなサイトを選択するといいでしょう。

 

今回はこのポイントを抑えた上で、高品質で利用者もトップクラスに多い安全なサイトを紹介致します。全て無料で登録不要ですので、ぜひ一度は使用する事をおすすめします。

おすすめフリー画像・動画サイト

全てクレジット掲載や許可不要の商用利用可能でおすすめのサイトを厳選しピックアップしました。

他にも数多くのサイトはありますが、商用利用ができるか調べたり、許可がいるか調べたりするのが面倒な方は下記で紹介するサイトをおすすめします。

また、今回紹介しているサイトは画像検索・動画検索機能両方ついている高品質なサイトです。

Pixabay

リンクは下記より

https://pixabay.com/ja/

 

Pixabayとは:2.300万点以上の高品質な画像・動画・イラスト素材が基本的に無料でダウンロード可能なサイト。

 

クリエイターによる高品質な画像や動画が多く、無料とは思えない画像や動画ばかりです。

 

日々アップロードされているので、どんどんいい写真や映像が増えています。これが無料は嬉しい。

 

特徴:
著作権フリー
商用利用OK
基本的に無料
クレジット表記不要
登録不要
ダウンロード制限なし
日本語対応あり
検索項目が細かく設定可能

 

Pixabayとは?

Pixabayは創作に意欲的なコミュニティであり、著作権フリーな画像や映像をお使いいただけます。すべてのコンテンツはPixabayライセンスにおいて公開されています。営利目的であっても著作者に対する許可やクレジットは不要で安全にお使いいただけます。

 

使用方法:

赤で囲んだところから写真や動画やイラスト等の欲しい素材の検索可能。

今回は動画を検索。赤枠で囲んだところから細かい検索が可能。

①ダウンロードしたい素材をクリックし、無料ダウンロードをクリックすると解像度の変更が可能
②商用利用に関する事とクレジット表記に関するところが記載されているのでチェック
③素材動画の情報が記載されているので、気になる人はチェック

無料ダウンロードをクリックすると解像度の変更が可能。好きな解像度に変更したらダウンロードをクリック。クリックするとダウンロードが開始される

これで著作権フリーの無料素材のダウンロード方法の解説が終了

 

注意点:
中には有料の素材があるから注意する:istock

ダウンロードしたい画像の下に関連でistockの画像が出る事がある。赤枠で囲んだところ。istockの画像は有料となるので、有料でも欲しい素材があればダウンロードすると良いですが、無料しかダウンロードしたくない人は注意しましょう。

istockの画像をクリックすると下記サイトに飛びます。istockのサイトにいくので、ダウンロードするときはわかると思います。

 

Pexels

リンクは下記より

https://www.pexels.com/ja-jp/

 

Pexelsとは:高品質な写真・動画素材を無料でダウンロード可能なサイト。

 

特徴:
著作権フリー
商用利用OK
無料
クレジット表記不要
登録不要
ダウンロード制限なし
日本語対応可能
関連素材の検索

 

Pexelsライセンスに関して

  • Pexelsのすべての写真や動画は無料で利用できます。
  • 出典表示は不要です。カメラマンの表示やPexelsの出典表示は不要ですが、そうした表示はいつでも感謝されます。
  • 写真や動画に変更を加えることができます。創造性を発揮して編集してください。

できないこと

  • 特定可能な人物のイメージを損なったり、攻撃したりするような写真は掲載できません。
  • 変更が加えられていない写真や動画のコピーを、ポスター、印刷物、物理的な製品などとして販売することはできません。
  • 画像に登場する人物やブランドを推奨していることをほのめかすことがないようにしてください。
  • 写真や動画を他の写真素材や壁紙のプラットフォームで再配布したり販売したりしないでください。

Pixels公式サイトより

 

使用方法:

欲しい素材を検索。赤枠の下におすすめの検索ワードが出てくる。

今回は自然で検索。検索ワードの写真や動画を選択可能。
また、検索語句に関する関連も出てくるのもありがたい。

サイズから4KやフルHD等、好きなサイズに変更可能

ダウンロードしたい素材をクリックすると下記画面が表示される。
赤枠で囲まれているところから無料で利用可能とか情報を選択すると細かい情報の確認が可能。

赤枠から解像度の変更が可能。好きな解像度に変更したら無料ダウンロードをクリックすると、ダウンロードされる

これでダウンロード方法は終了。

 

 

注意点:
有料の素材があるから無料でダウンロードしたい人は注意する:istock

 

 

超おすすめのフリー画像素材まとめサイト

O-DAN(オーダン)

リンクは下記より

https://o-dan.net/ja/

 

このサイトを登録しておけば全て解決と言ってもいいぐらいのサイトです。

 

O-DANとは:検索したキーワードに対して約40の無料素材写真サイトの中から適切な画像を表示してくれるまとめサイト

私の中では画像を探す際はこのサイト一択です。

 

超便利で、安心して利用可能な有名無料画像素材サイトの中から厳選して表示してくれるので、めちゃめちゃいいです。

これが無料で使えるのが最高すぎます。登録も不要なので、一度使ってみて下さい。

 

特徴:
著作権フリー
商用利用OK
無料
クレジット表記不要
登録不要
ダウンロード制限なし
日本語対応あり

 

使用方法:
日本語検索でも可能だが英語検索の方が表示は正確。
欲しい素材を検索する。例)海、自然etc

商用利用可能な無料写真素材のみにチェックをして検索すると、商用利用可能な写真のみ表示される。

今回は写真と検索。すると下記画面が表示される。
左上に検索項目。左下にサイトが表示される。サイト毎に写真素材が異なるので色々チェックしてみましょう。

好きな写真素材をクリックし、右上のDownload Freeからダウンロード可能。

使い方は至ってシンプルでこれで終了です。

 

注意点:
動画検索はできない

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は高品質なおすすめのフリー素材サイトを厳選して紹介いたしました。

どれもフリー素材サイトの中ではかなり有名なサイトですので、安心して利用可能です。

どのサイトを使用しても、かなりいい素材が見つかると思いますが、理想は今回紹介したサイトは全て使用すると色々な素材が見つかると思います。

全部無料なのが非常に嬉しいですよね。

 

おすすめのサイト

おすすめフリー画像・動画サイト:Pixabay,Pexels

おすすめフリー画像素材まとめサイト:O-DAN

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”