機材編

MacBookに最適な動画編集用おすすめ外付けSSD【2022年最新】

動画編集を行う上で容量不足に悩まされるというのはつきもの。

 

パソコンの容量がいくら多くても動画の容量はかなり重たいので、すぐにいっぱいになってしまいます。

 

また、最近は4Kでの動画記録が主流となってきているので、より容量が必要となってきました。

 

動画編集を行う上でHDDよりSSDの方が転送速度が速いのでおすすめです。

 

今回はMacBookに最適な動画編集用外付けSSDの選び方からおすすめ外付けSSDの紹介まで記載しております。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

MacBookに最適な動画編集用おすすめ外付けSSDの選び方

・MacBookに最適な動画編集用おすすめ外付けSSDの選び方
容量
機器との互換性
転送速度

・容量

まず容量をどれぐらいで選べばいいかの基準ですが、500GB〜2TBが一番使い勝手が良いです。

500GB以下ですと、4K動画の場合あっという間に容量が埋まってしまいます。

容量は多ければ多いほどいいですが、容量が1段階上がるごとに値段が格段に高くなりますので、その値段との掛け合いで決めていただけたらと思います。

筆者はSSDを購入するのであれば容量をなるべく多めに設定しておきたいと考えるので、1TB以上を購入することがほとんどです。

あと、4K撮影が多いということもありますが。

もしフルHDのみでの撮影であれば500GBあればかなりSSDに入るので、フルHDでしか撮らないという方は500GBでも大丈夫かと思います。撮る量にもよりますが。

 


・機器との互換性

パソコンのUSB端子の種類に合わせて選択する必要があります。

近年ではUSB-CのタイプのSSDが多いですが、中にはUSB-AのタイプのSSDもありますので、購入前に確認しておきましょう。

この点に関してはUSBハブを別途購入すれば解決しますので、そこまで深く考えなくても大丈夫ですが。

USB-CとUSB-Aで比較すると性能が高いのはUSB-Cの端子ですので、できればUSB-CのタイプのSSDを選択することをおすすめします。

 

・最大読み出し・書き出し転送速度

最大読み出し・書き出し転送速度とは:一秒間にどれくらいの容量を読み出し・書き出しできるかの速度となります

もちろん速ければ速いほどスムーズに動画を読み込んだり、書き出したりできるわけですから、速い方がもちろんいいです。

しかし、この転送速度に関しても速いSSDに関しては値段が高くなりますので、値段と相談し決めてください。

おおよその目安としては4K動画を記録する場合は最低500MB/秒以上の転送速度のSSDを使用することをおすすめします。

 

まとめると

容量:500〜2TB
機器との互換性:USB-C
最大読み出し・書き出し転送速度:4K動画を記録する場合は最低500MB/秒以上

おすすめは上記数値となりますので、参考までに。

MacBookに最適な動画編集用おすすめ外付けSSD

・MacBookに最適な動画編集用おすすめ外付けSSD
SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大520MB/秒
Samsung T5 Portable SSD
SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大1050MB/秒
Samsung T7 Portable SSD
SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大2000MB/秒

 

SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大520MB/秒

値段 14200円程度
容量 1TB
機器との互換性 USB Type-C
転送速度 520MB/秒

 

容量は1TB転送速度は520MB/秒14200円程度とコスパ抜群なSSD。

1つ目のSSDであればこのSSDがおすすめです。

4K動画も問題なく転送可能ですし、大手のSanDiskの安心感からデータ紛失等はあまり聞いたことがないので、安心性を持ってもこのSSDはいいと思います。

また、万が一の落下等による破損の心配もあまりないです。最大2メートルの落下に耐える高耐久性モデルだそうです。試したことはないですが、安心ですよね。

 

このSSDは後2TBも選択可能ですので、スペックは同じで2TBの分も貼っておきますね。

 

 

Samsung T5 Portable SSD

 

値段 18500円程度
容量 1TB
機器との互換性 USB Type-C
転送速度 540MB/秒

 

性能的にはSanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大520MB/秒とほぼ同じです。

転送速度がこちらのSSDの方が20MB/秒ほど速いですね。

SamsungのSSDも大手でかなりの安心感があります。

動画編集用の外付けSSDといえばSamsungのSSDかSanDiskのSSDが王道でしょう。

見た目に関してはこのSSDの方がSanDiskよりスマートなのでかっこいいですね。

まあ、それは個人的な感想なので、人によって捉え方は違うと思いますが。

このSSDもおすすめです。

 

SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大1050MB/秒

 

値段 21000円程度
容量 1TB
機器との互換性 USB Type-C
転送速度 1050MB/秒

 

こちらのSSDは520MBから1050MB/秒にステップアップしたSSDです。

また、もう一つ追加としてIP55の防滴・防塵性能を持ち合わせております。

それに伴って値段も7000円程度上がりますが、筆者はこの転送速度がおすすめです。

筆者が持っているものもこちらの転送速度の2TBを持っております。

更に4TBもありますが値段がめちゃめちゃ高いので、手が出ませんでした。

 

Samsung T7 Portable SSD

 

値段 17000円程度
容量 1TB
機器との互換性 USB Type-C
転送速度 1050MB/秒

 

SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大1050MB/秒とほぼ同じスペックを持っているT7のSSD。

こちらの方がコスパに優れていますね。

性能面や耐久性でも安心です。かなりおすすめのSSDです。

 

SanDisk 外付けSSD 1TB 読出最大2000MB/秒

値段 26500円程度
容量 1TB
機器との互換性 USB Type-C
転送速度 2000MB/秒

 

こちらのSSDを購入する方は4Kから上の6KやRAW収録する方におすすめのハイエンドモデルです。

ここまで上位のSSDはあまり必要となる方は少ないです。ほぼ業務用ですね。

もし上位のカメラでRAW収録や6K・8K等で記録する際はこのSSDを選択することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はMacBookに最適な動画編集用外付けSSDの選び方からおすすめ外付けSSDの紹介まで記載いたしました。

 

今回紹介したSSDは動画クリエイターの方がよく使用しているかなりおすすめで品質の高いもののみを厳選して紹介しましたので、この中の商品を購入すれば間違いありません。

 

かなりおすすめですので、ぜひ使用してみてくださいね。

 

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”