DaVinci Resolve

【DaVinci Resolve】文字の中に映像を入れる編集方法

テキストアニメーションを使う事でかなりかっこいい映像を作る事ができます。

 

テキストアニメーションを学ぶ中でテキストの基本的な使い方からキーフレームの使い方等様々のことが勉強になります。

 

映像表現の幅も格段に広がりますので、ぜひ一度使用してみてもらえたらと思います。

 

今回はDaVinci Resolveでの文字の中に映像を入れる編集方法を解説しております。

 

DaVinci Resolve 文字の中に映像を入れる方法

基本的な文字の中に映像を入れる方法

まずはジェネレーターから単色を追加していきましょう。

単色をタイムラインにドラッグ&ドロップで追加していきます。

次にタイトルからテキスト+を追加していきます。

単色の上にText+を追加します。

text+を追加すると右上のビデオで調整できます。

Fontはできる限り太くて大きいものを選択していきましょう。

今回はImpactを選択しました。

Textで好きな文字に変えましょう。今回はCUSTOMにしました。

次に二つのクリップを新規複合クリップにしましょう。

名前は好きな名前にして作成をクリック。

合成モードで乗算を選択。

比較(暗)でも同じようにできます。

文字の中にズームしていく際にダイナミックズーム機能を使うことで簡単に作成することが可能です。

ダイナミックズームを選択。

緑と赤の枠で囲まれます。緑が開始位置で最終が赤枠になります。

その為、最終をズームして文字の中に入れたいところを選択しましょう。

今回はtの文字に入っていくようにしたいのでtの中に収まるように赤枠を調整していきます。

次に開始位置を調整します。緑の枠を画面全体に合わせていきましょう。

次に、ダイナミックズームの調整項目のイーズからイーズインを選択します。

ズーム速度を速くしたい際にはクリップを短くすると速くなります。逆に長くすると速度が遅くなります。

これで完成です。次に背景の色を変更する方法も解説していきます。

 

おまけ:背景の色を変更しテキストを横から流すアニメーションをつける方法

先ほど作成したアニメーションタイトルで合成モードを除算に変更します。

そうすると背景の色が白くなります。

次にジェネレーターを好きな色に変更しましょう。

今回はオレンジにします。

Textから名前を変更します。今回はTitleにします。

Sizeを右に調整して画面いっぱいになるように調整します。

単色とタイトルを新規複合クリップにします。

名前をつけて作成をクリック。

次にカラーページを開きます。

右クリックでアルファ出力を追加をクリックします。

青と青を線で繋いでいきましょう。

クオリファイアーを出します。

そして輝度を下げて文字が透過するように調整していきます。

また、左から右にテキストが流れるアニメーションも作成してみましょう。

開始位置でX位置を左に調整し、文字が映像から見えなくなるように調整して下さい。

そして開始位置で変形にキーフレームをチェック。

そして、テキストを表示したい最終位置までコマを進めていきます。

コマを進めたらX位置を0に戻して完成です。

文字の中に入れたい場合は最初に解説した方法で行って下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はDaVinci Resolveでの文字の中に映像を入れる編集方法を解説していきました。

 

文字の中に入れる方法やおまけで左から表示するテキストアニメーションの方法まで解説しましたので、今回の内容でかなりテキストアニメーションの基礎的なところを学ぶことができたのではないかと思います。

 

今回の内容を応用して様々な編集をすることができますので、ぜひ色々と応用に繋げていってもらえたらと思います。

 

では、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

最後に現在一押しのアイテムを紹介します。

値上がりする前に購入するのをおすすめします。

 

カメラは、”SONYα7Ⅳ”

 

 

レンズは、“SONY50mmF1.2GM”

 

パソコンは、“MacBook Air M2”

 

ジンバルは、“RS3 PRO”